収入証明不要で借りられるカードローン

総量規制の対象外のカードローン

お金を借りようと思って賃金業者へ申込みをする場合、個人の収入を証明する書類の提出を求められることがあります。
これは賃金業法という法律で定められていて、年収の3分の1以上の借り入れはできないと決まっているからなんです。
50万円以上借りる場合、あるいは他社との借り入れの合算が100万円を越える場合には収入証明書を提出しなければなりません。
収入証明として提出する書類には所得証明書や源泉徴収票、直近の給与2か月分の明細などがあります。
この賃金業者というのはクレジットカード会社や消費者金融、信販会社が対象となっています。
カードローンの中にはこれらの総量規制の対象外となるものが存在していて、収入証明不要で借り入れの申込みが可能な会社もあります。

 

それは、銀行系のカードローンです。
銀行は銀行法というまた別の法律に則って営業しているので、総量規制の対象にはなっていないのです。
そのため、金利が低くて限度額が高いカードローンの申込みをすることが可能になっています。
また、金利や限度額は銀行ごとに異なっていて、その銀行独自に設定されているので、より低金利で限度額が高い大口融資に対応してる銀行もあります。
収入証明書の提出は書類を揃えるのも大変で煩わしい手続きが発生してしまいます。
総量規制対象外の銀行系カードローンなら柔軟なサービスを行っていて、このような煩雑な手続きもなく申込みする事ができるので、カードローンを検討中の方は銀行系も視野に入れてみるのがおすすめです。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら