収入証明不要で借りられるカードローンの額

銀行のカードローンは収入証明不要の額が大きい

ある一定の金額までなら収入証明不要で契約できるカードローンが現在では多くなっており、銀行の商品の場合では百万円単位また消費者金融では50万円までなどと設定されています。
これら収入証明書なくして受けられる融資額の上限の差は先の貸金業法改正に伴い新たに総量規制が設けられた為で、その内容は借りる側では消費者金融等の貸金業者から借入を行う場合には年収の3分の1までと制限されており、一方で貸す側の貸金業者では50万円を超える貸付又は他社からの貸付と合わせて100万円を超える場合では必ず収入証明書の取得が必要と定められています。

 

従って、総量規制の対象である消費者金融からの借入では収入証明不要の上限額を50万円よりも高く設定することができなくなっています。
これに対して銀行の場合ではその取引に関しては銀行法で定められており貸金業法の規定は適用されませんので、銀行から借入をする場合には総量規制の対象とはなりません。

 

また、他社からの借入額も関係なく設定できることから収入証明不要額が消費者金融よりも高額になっています。
具体的に多くの銀行カードローン商品では借入額が100万円を超えなければ収入証明書が不要となっており、本人確認書類のみで契約手続を行うことができ、また銀行によっては300万円まで不要とされているところもあります。
従って、銀行のカードローンは消費者金融の商品よりも準備する書類が少なくまた高額な融資を受けることが可能です。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら