収入証明不要で借りられるカードローン

カードローンの審査に通るコツや収入証明不要で申し込む方法

カードローンとは、金融機関による個人向けの小口の融資です。
借金ですから当然返済が必要ですし、そもそも返済することができる人しか利用できません。

 

そのため金融機関では、カードローンの申し込みをしてきた人に返済能力があるかどうかをチェックします。
このチェックが、いわゆる審査です。
返済能力の有無を確認する審査ですから、収入の額については特に念入りに調べられます。
そのために必要なのが、収入証明書です。
源泉徴収票や数ヶ月分の給料明細書などがそれに当たります。

 

これらは勤めている職場が発行していますし、紛失したという場合でも職場で再発行してもらえます。
また確定申告書も収入証明書として有効ですから、職場で源泉徴収票などを発行してもらえない場合は、それを提出するのもひとつです。

 

ただし申し込んだ金額が数十万円程度という比較的少ない金額であれば、収入証明不要となります。
収入証明書を手に入れることも作ることもできない人は、小額で申し込めば良いのです。
この場合金融機関は、申し込み用紙に記入した収入の額で、返済能力の有無を確認します。
返済能力があると認められれば、その能力に応じた利用限度額においてカードローンの利用が可能になります。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら