収入証明不要で借りられるカードローン

収入証明不要のカードローン

お財布が厳しい時に急にお金が必要となった場合、早ければ即日に融資が可能なカードローンやキャッシングは大変便利です。
しかも、住宅ローンなどの大口融資とは違い、担保や保証人が必要なく目的も自由とあって手軽に借りることができることから、今利用者が非常に増えています。
ただ、手軽とはいえ融資には変わらないことから、申込みの際には書類に勤務先や年収などを正しく記載する必要があり、またその収入を証明する収入証明の提出を求められることがあります。

 

つまり、借主に安定した収入があり返済能力があることの証が求められているのです。
しかし、こうした書類は勤務する会社に発行を申請しなければならず、抵抗に感じる人も少なくありません。
そんな方におすすめなのが、収入証明不要のカードローンです。

 

実は、こうした証明はカードローンサービスを行う金融機関全てが必要としているわけではありません。
限度額全て借りても不要なところ、一定の限度額内なら不要なところ、いくらであっても必要なところの3つに分かれているのです。
なぜ、このように違いがあるのでしょうか。

 

これは、貸金業法という法律の規制によって違いが現れるのです。
貸金業法の規制対象となるのは非銀行系のローン会社で、貸出が50万円を超える場合はこの規制にかかります。
非銀行系では一部にはいくらであっても収入証明が必要なところもありますが、多くは50万円以下なら収入証明は不要としています。
一方、銀行は借入額によって収入証明は必要とならないこともあります。
つまり、収入証明不要のカードローンを探すなら、限度額内で借入れすると収入証明は不必要となります。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら