収入証明不要で借りられるカードローン

銀行カードローンが人気の理由

総量規制というものが導入されてから、キャッシングなどを利用する際のハードルがずいぶん高くなってしまいました。
総量規制があるので、年収の3分の1を超える金額の貸し付けは基本的にできなくなっています。
年収を知らなければ、総量規制に引っ掛かるかどうかの判断がつかないので、借り入れを申し込むときには、通常収入を証明する源泉徴収票や直近の給与明細書などが必要です。
ただし収入証明書を必要とするのは、貸金業者のみとなっています。

 

つまり、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどです。
しかし銀行は貸金業者ではないために総量規制がありません。
銀行のカードローンでは収入証明の提出や、年収の3分の1以内という規制の影響も受けないことになります。
ですからほかの業者からの借り入れの有無は関係なく、金額が100万円以下であれば、収入証明不要で申し込むことができます。
中には銀行によっては300万円程度まで、収入証明不要で利用できることころもあります。

 

ただ全く何も証明書の類が必要ないわけではないので注意が必要です。
法律上の規定がないというだけで、銀行それぞれの審査基準や提出書類の規定があるので、事前にきちんと確認しておくほうが安心です。
専業主婦の方等収入を証明する手段のない人は、一般の消費者金融などを利用するのは難しいことも多いので、銀行のカードローンなら利用することができる可能性が高くなります。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら