大手貸金業者と収入証明不要で借りられるカードローンを契約

大手貸金業者と契約しよう

カードローンの契約をする場合、利用限度額等によっては運転免許証や健康保険証等といった本人確認証以外に、源泉徴収票や確定申告書や給与明細等といった収入証明の提出を求められる場合があります。
この事は、賃金業法で定められている総量規制に関係しています。
総量規制とは、借り過ぎや貸し過ぎを防ぐ為のルールです。
総量規制により、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入ができない事になっています。

 

つまり、収入証明の提出を求めるのは、融資する側に課せられた義務なのです。
具体的には、50万円を超える契約を行う場合他社を含めた借入総額が100万円を超える場合のどちらかに該当すれば、収入証明を提出しなければならない事になっています。
しかし、収入証明不要なカードローンも実は存在しています。
賃金業法は貸金業者を対象にしています。
貸金業者とは消費者金融やクレジットカード会社等の事を指します。
銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫等も融資を行っていますが、貸金業者ではないのです。

 

ですから、賃金業法の対象外となりますし当然総量規制も一切関係ないのです。
従って、銀行等のカードローンでしたら原則収入証明の提出は不要です。
但し、収入証明不要のカードローンには気をつけなければならない事があります。

 

それはヤミ金です。
ヤミ金とは、貸金業法に基づく登録を受けずに、違法な貸金業を営んでいる業者です。
つまりヤミ金は貸金業者ではないので貸金業法に縛られる事はありませんから、収入証明の提出を求める必要がないのです。
ヤミ金と契約すれば、後々トラブルが発生する可能性は大いにあります。
ですから、収入証明不要という言葉に飛びつくのではなく、信頼できる金融機関と契約する必要があります。
その点、銀行等のカードローンならば安心です。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら