収入証明不要で借りられるカードローンと総量規制の関係

収入証明と総量規制の関係

キャッシングカードローンの申込みをしたいときに、収入証明書が必要である。お金を借りたいけれど、収入証明書は会社に頼んで発行してもらうのに時間がかかります。
収入証明書は妻が管理しているので、妻に頼んで収入証明書を出してもらうと何に使うのか詮索され、借金をするのをばれたくないといった事情があるときに、収入証明不要のカードローンに申込みをすれば、キャッシングの契約をすることができます。
銀行系のローンであれば、収入証明書は原則不要で申し込みをすることができます。

 

これが、消費者金融でキャッシングの申込みをすると、基本は不要で本人確認書類さえあれば申し込みができるのですが、希望する限度額が50万円を超える、他の金融機関での利用残高が100万円以上ある場合には収入証明書の提出が義務付けられます。準備できない場合は、審査をすることができません。
他社での利用残高が100万円以上なく希望する限度額が50万円を超えて収入証明書が準備できない場合は、限度額を50万円以下で契約をするほかありません。

 

これが、銀行系のカードローンであれば、このような総量規制の対象外です。
銀行は銀行法という法律が適用されるため総量規制の対象外のローンなのです。

 

そのため、申込みには原則収入証明不要で申し込みをすることができるのです。
本人確認書類だけで申し込みができます。
ただし、100万円を超える限度額を希望する場合は、慎重審査になりますので収入証明書が必要になります。

 

 

収入証明不要で申込めるカードローンの詳細はこちら